忍者ブログ
札幌で映像クリエイター(and more...)として活動する上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ツイッターで書こうと思ったけど、すごく長くなったので、こちらで。

教育文化会館小ホールで行なわれた「教文短編演劇祭」に

王者として参戦しました。

結果、お客様からの観客票はトップだったのですが、

2位という結果になりました。


札幌の皆さん、ごめんなさい。

道外にベルト流出させてしまいました。


皆様からもらった90票以上の票を無駄にしてしまいました。

反省点はすごくあるし、東海連合の作品大好きなので、納得はしています。

ご来場の皆様、ありがとうございました!

 

 

ここからは思いついた雑記を。


まず、今年は、

 

どうですかね?

結局、星くずってキンチョームの一発屋ユニットですかね?

 

というのが、頭をグルグルしていました。

 


だから、

橋口さんの、1年間悩んだんだね、の言葉がやけに嬉しかった。


そして、去年の優勝後に「これを超えれるの?」とツイッターに書いてくださった方からの
今年の言葉がやけに染みた。本当に録音しときたかった。


結果的に超えたかはわからないけど、

去年と違うのは、ちょっとだけ演劇っぽいことしよう!だった。

わりと芝居になったなと思ってたキンチョームで全国大会の劇王行って、
(俺は超嬉しい言葉だったけど)「コントです」のレッテルを貼られて

ただ、面白いねとは言われて。

そこからの、演劇っぽいことしたいなでした。

あと、キンチョームっぽい作品だと、お客さんが比べてしまうよなーでした。


個人的に不思議少年の大迫くんとの出会いもかなりあった。

演劇臭くない、シャレオツな綺麗な芝居作るなーって。

ちょっと嫉妬したの。


だから、今年はギミック(サ行が抜けるとか実況とか)ではなくて、

ノーマルな短編演劇を先に作った。


コレは遊戯祭でエレキさんに言われた言葉がかなり響いてる。

今、考えたら、もっとエレキさんに言われた言葉大事にすれば良かった。

結果的に役者の良さを引き出せなかった。



話を戻そう。

キンチョームは完全にギミック先行。

そこから話を広げていった。


今回は、違う作り方。


ネットで話題の某デスブログ←予知ブログ

競馬

ギャンブル←予知による金儲け


結果、ほぼ同時にこうなった。なんか、うん。


ここに行き着いた時にファミレスでひとり歓喜した。

一気に腹が減り、山盛ポテトを注文した。

 


一番最初の話に戻します。

結果、キンチョームの一発屋だったかはわからないです。


ただ、僕はこの「本命キラー」という作品がやれてよかったです。

 


さて、

本当は、芝居をやっている人という目線ではなく、

「イベント運営をやっている人」という目線で、

この教文短編演劇祭について書こうと思ったのだけど、

というか、書いたのだけど、


たぶん「みんなが思っている話」なので、掲載はやめておきます。

実際、テクニカルの方たち(照明さんや音響さんね)が

自分のことのように悔しがって、ルールの見直しを言ってくれたのは嬉しかったです。

それは地元だから、どうってことじゃなく。

きっと、僕は、誰よりもこのイベントを愛しています。

だから、泣くし、笑うし、

もっとよくなれー!と思うのです。


そして、札幌の人、もっと短編演劇楽しもうー!と思うのです。

見る人も作る人も。




以上。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

PR





5日。

山下智博さんのトークイベント行った。


中国のネット界隈の面白い話だらけであっという間。

中国のテレビバラエティ事情を知りたいなぁとすごく思った。

たぶん、山下さんのはゆーちゅーばー的なバラエティ論であって、

きっと、中国のテレビバラエティーはまた違う世界なんだと思った。

それを知らないとなにも出来ないと思う。


HOW TO本のHOW TOの言い回しに山下さんの中国感を感じた。

大学一年生の時、中国語習ったなあ。
まったく身につかなかったけど。


山下さんとなにかをやるチャンスがあればいいなあー。



山下さんについてはこれを見て下さいな。

→http://www.lifehacker.jp/2015/05/150523_%20shanghai_yamashita.html




話は変わります。
というか、完全に私的な話。


ちょっと前に、南参さんと斎藤雅彰さんとご飯を食べた。

劇作家的な話をした。

昨日はオフィスセブンのかみむらさんやラフ→チケットさんとご飯食べた。

バラエティの話をした。

 

こう、思うわけですよ。

芝居やって、評価されなかったら、映像をやって、

映像やって、評価されなかったら、お笑いをやって、

お笑いやって、評価されなかったら、芝居をやって、

芝居やって、評価されなかったら、映像を・・・

って、こう常に逃げて、ある意味でずるして、

それぞれの専門の人からはちょっとめんどくさそうな目で見られて。

でも、その中で、どれもゆっくりと成長してきて、

去年、偶然にも全部が上手く回り始めて、

ほんの少しだけど、自分の中では一気に前進して、

だから、この3点をぐるぐると回りながら、成長していくことに少し意味を見出していて。


正直、そろそろ、どれかに絞れよ!ってなっているし。

ならなきゃいけないし。

 
その中で、何かに属するか、自分で好き勝手やるかとか、

そういう悩みがグルグルしています。



別にこれをブログに書いてどうにかなるわけじゃないんだけど。



ただ、ひとついえるのは、その3点のすべてを担っているのが、

札幌オーギリングであるということ。



大喜利ライブだけど、

煽り映像作るし、物語部分の台本もあるし、

今、自分のやっている全てが入っている。


見たこと無い人は見て欲しい。



  


あと、霊6のブログを熊谷が頑張って更新しているので、

俺も更新頑張ろうと思ったので、出来るだけ、更新しまーす。



先日の遊戯祭の星くずロンリネスの芝居で探していた赤い長靴。

結果的に黒い長靴に赤いテープをぐるぐる巻きにしたのだった。


遊戯祭の本番翌日に、オーギリングの特典映像の撮影途中によったスーパーに売ってた。

もっと言えば、ついさっきも事務所の目の前のスーパーで売ってた。


こういうの、よくある。





6月27日(土)

札幌オーギリングがコンカリーニョへ進出する。

軽い事件だ。

 




今さらながらの色々の挨拶を。

まずは、4月25日~29日に行なわれた「遊戯祭」にて
星くずロンリネス「バラバラのはなし」を上演しました。

ご来場いただいた皆様!ありがとうございました!

 

遊戯祭って5団体も出るからカラーをしっかりとしないと、とか、
いい意味で箸休めになる作品に、とか

まあ、色々と考えたんですけど、

とりあえず、星くずロンリネスらしく
「手塚治虫に告ぐ」ということで、

『正直、今の若い人ってあんま手塚知らないよ』という告ぎ方をしました。

皮肉に感じた人もいるかなと思います。
もっとアンケートとかで怒られると思ってたので。

 

後夜祭で、introのワカナさんやyhsのエレキさんと色々と話し、

ああ、今、俺がクリエイトするのって、正直、芝居じゃなくてもいいよなーと思ってます。

なんというか、短編芝居は短編芝居じゃなきゃ面白くないことをやっていると思うんですけど、

別に、こう、1時間とか1時間半とかの作品で、

つか、作る過程で、大人数が数ヶ月かけてやるものを作る必要があるのか。

という、この数年のなんとなく自分の中で行き着いている話が明確に見えてきました。


ワカナさんには言われたけど、逆に俺が芝居に戻ってきた時に、興味が沸くと言われました。


と、まあ、芝居やらない空気出してますけど、

次は8月16日の短編演劇祭です!


王者として、防衛に望みます!

絶対に勝ちます!応援お願いします!!!


休演日企画で女装をしまして。

1月のチラシ撮影、3月のyhs、4月の遊戯祭休演日企画

と今年に入り、女装だらけです。




先日のラジオで、熊谷嶺と二人で女装デートをすることになりました。

これで、今年に入って4度目の女装となるわけです。


すっかり、はまっただろ?と言われてますが、そんなことありません!!




5月5日には札幌オーギリング五月興行もありました!

Jさんと大森さんのまさかの参戦とか

タッグトーナメント1回戦の大接戦とか

中島の強さとか

すごく面白い興行でした。


もちろん反省点とかあるんですけど、久しぶりに楽しんだなーと。

いい意味で袖が騒がしい興行でした。


次は6月27日。

一周年記念興行でございます。

 

あと、数時間後に発表になりますが、

一周年、攻めまくりです。

攻めて攻めて攻めまくりです。

このあたりは発表されたら、色々と思うことを書きます。


がんばるぞー!

まもなく、手塚治虫に告ぐわけです。

手塚治虫の作品って、1話完結な作品が多くて好きです。

数年前に「星くずロンリネス」という芝居ユニットを始めて、

2010年の教文短編演劇祭から、こう十数本、

下手したら、数十本の短編演劇を作ってきて、

やはり、短編作品は楽しいなと思っているところで。

その手塚作品を読んだときのような、一話完結楽しいなーが、星くずのお芝居でも出ればいいなーと思っています。

ああ、このまま書いていると、きっと、公演パンフレットに書いた文章のような内容になってしまうなと思うので、写真でごまかします。

熊谷のツイッターから拝借。

演出家らしい動きをする、僕。




あらためて、演出って苦手だなーと思ってしまう。

役者は理由を求めるのだけど、見ている僕はそんなの知ったこっちゃないと思ってしまう。

このタイミングでこの語感のフレーズが欲しいんだよ、となってしまう。

うん。芝居の演出は、きっと向いていない。

というか、僕の身体が芝居用に出来ていない。

だから、僕の作る作品の多くは「コント」だと言われてしまうんだ。

ああ、また、語りモードに入ったので、写真で誤魔化そう。

庄本さんとびす子。






びす子とはかれこれ数作の短編演劇を作ってきたけど、

いい悪いは別にして、今回ほど、手放しなことはない。

一方の庄本さんは、極道のイドラ以来。

短編作品は初めて。

しかし、まあ、短編にハマってくれている。嬉しい。

21日はさとうくんが誕生日だった。

両手に花ってこういう状態を言うんだなー。





今回はじめてお芝居に出るさとうくん。

今まで芸人さんがお芝居に、ってパターンに立ち会ったことがあるけど、

その誰よりもどん欲で向上心の塊。

この1週間くらいで一気に芝居的になった。

右手はフルーティーのりのちゃん。

ローカルアイドル。

おしゃべりコネクートなどで一緒になっているフルーティーのメンバー。

イナダ組のWS公演みたいなのに出たりしている。

演劇をやりたいと前から言っていたのを知ってたので、今回お誘いした。

左は、塚本奈緒美。

キンチョームから引き続いての、参加。

たぶん、地味に大変な役回りなのだけど、そつなくこなしてくれるはず!

キンチョームとは違うなおみんをお届けしたいなー。

ああ、なんか、役者紹介みたいになってしまったわりに、

他の役者さんの写真が全然ない!

明日以降で紹介出来るのかな?

無理だったらごめんね!へーい!

というわけで、25日から本番なので、みんな来てね!

というやつでした!!!


星くずロンリネス
遊戯祭15『手塚治虫に告ぐ』参加作品

【バラバラのはなし】

上田龍成によるシアターユニット「星くずロンリネス」が
遊戯祭15で描くのは手塚治虫にまつわる3つの短編演劇!

●日時
2015年
4月25日(土) 11:00~
   26日(日) 20:00~
   29日(水) 15:30~
開場は開演30分前です。

●料金
一般:2,000円/学生:1,500円
初回割:1,800円(25日のステージのみ)
星割:1,800円(氏名に「星」のつく方)

遊戯祭通し券 
一律7000円(限定50席)

チケット予約はここから!

●会場
生活支援型文化施設コンカリーニョ
(JR琴似駅直結ザ・タワープレイス1階)

●脚本・演出
上田龍成

●出演
塚本奈緒美、熊谷嶺(霊6)、潮見太郎(劇団オガワ)、ツルオカ、庄本緑子、原田充子(Real I's Production)、楽太郎、 綾瀬りの(フルーティー)、 石鉢もも子、びす子、さとうしゅんいち、高橋なおと(劇団ラフスパイス)、五十川由華(おかめの三角フラスコ)

遊戯祭公式HP▼
http://yugisai.webcrow.jp/





うおーん!

映像の書き出しが終わってしまう!

おっしゃー!仕事をするぞ!


そして、明日一日、作業しまくって、もう小屋入り!

んで、本番!あっという間!!!


地味にオーギリングも近いぜ!


色々終わったら、温泉でも行こーう!

プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]