忍者ブログ
札幌で映像クリエイター(and more...)として活動する上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[421]  [420]  [419]  [417]  [416]  [415]  [414]  [412]  [411]  [410]  [409
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ツイッターで書こうと思ったけど、すごく長くなったので、こちらで。

教育文化会館小ホールで行なわれた「教文短編演劇祭」に

王者として参戦しました。

結果、お客様からの観客票はトップだったのですが、

2位という結果になりました。


札幌の皆さん、ごめんなさい。

道外にベルト流出させてしまいました。


皆様からもらった90票以上の票を無駄にしてしまいました。

反省点はすごくあるし、東海連合の作品大好きなので、納得はしています。

ご来場の皆様、ありがとうございました!

 

 

ここからは思いついた雑記を。


まず、今年は、

 

どうですかね?

結局、星くずってキンチョームの一発屋ユニットですかね?

 

というのが、頭をグルグルしていました。

 


だから、

橋口さんの、1年間悩んだんだね、の言葉がやけに嬉しかった。


そして、去年の優勝後に「これを超えれるの?」とツイッターに書いてくださった方からの
今年の言葉がやけに染みた。本当に録音しときたかった。


結果的に超えたかはわからないけど、

去年と違うのは、ちょっとだけ演劇っぽいことしよう!だった。

わりと芝居になったなと思ってたキンチョームで全国大会の劇王行って、
(俺は超嬉しい言葉だったけど)「コントです」のレッテルを貼られて

ただ、面白いねとは言われて。

そこからの、演劇っぽいことしたいなでした。

あと、キンチョームっぽい作品だと、お客さんが比べてしまうよなーでした。


個人的に不思議少年の大迫くんとの出会いもかなりあった。

演劇臭くない、シャレオツな綺麗な芝居作るなーって。

ちょっと嫉妬したの。


だから、今年はギミック(サ行が抜けるとか実況とか)ではなくて、

ノーマルな短編演劇を先に作った。


コレは遊戯祭でエレキさんに言われた言葉がかなり響いてる。

今、考えたら、もっとエレキさんに言われた言葉大事にすれば良かった。

結果的に役者の良さを引き出せなかった。



話を戻そう。

キンチョームは完全にギミック先行。

そこから話を広げていった。


今回は、違う作り方。


ネットで話題の某デスブログ←予知ブログ

競馬

ギャンブル←予知による金儲け


結果、ほぼ同時にこうなった。なんか、うん。


ここに行き着いた時にファミレスでひとり歓喜した。

一気に腹が減り、山盛ポテトを注文した。

 


一番最初の話に戻します。

結果、キンチョームの一発屋だったかはわからないです。


ただ、僕はこの「本命キラー」という作品がやれてよかったです。

 


さて、

本当は、芝居をやっている人という目線ではなく、

「イベント運営をやっている人」という目線で、

この教文短編演劇祭について書こうと思ったのだけど、

というか、書いたのだけど、


たぶん「みんなが思っている話」なので、掲載はやめておきます。

実際、テクニカルの方たち(照明さんや音響さんね)が

自分のことのように悔しがって、ルールの見直しを言ってくれたのは嬉しかったです。

それは地元だから、どうってことじゃなく。

きっと、僕は、誰よりもこのイベントを愛しています。

だから、泣くし、笑うし、

もっとよくなれー!と思うのです。


そして、札幌の人、もっと短編演劇楽しもうー!と思うのです。

見る人も作る人も。




以上。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お疲れ様でした!
「みんなが思っている話」。きっと僕の
思っていることと同じでしょうから、
ここでは書きません。

ところで、昨年優勝した時の特典・・・
「教育文化会館小ホールを3日間使える権利」、
まだ残ってますよね?

これを使って、また面白い作品を見せて下さい。
期待してます!!

イシダー 2015/08/17(Mon)21:06:13 編集
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]