忍者ブログ
札幌で色んなことをする上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ツイッターで流行ってる質問箱。

100字で収まらないので、ブログに書きます。

質問はこちら。





なにが正義か、なにが悪か、みたいな終わりのない話題だと思うんですが、自分の意見を。



関係者ってのが、その芝居の関係者なのか、演劇に携わっている人って意味なのかで話は変わりますが・・・

いや、そもそも、その芝居の関係者ならば面白いと思ってるんだろうから、きっと、演劇に携わっている人ですよね。


まず、大前提として、嘘の感想は書いちゃダメです。

面白いものを面白くないってのもダメだし、面白くないものを面白いってのもダメ。これは、なんの意味も持たない。

ただ、特定の作品に否定的なことを書くと、その作品を本気で楽しんでいるお客様が悲しむことになるので、僕は書きませんし、不特定多数の人の目にとまる場所に書くべきじゃないと思ってます。

本当に馴れ合いたいなら、飲み屋とかLINEで褒めあってますよ。


例えば、ラーメンの好みみたいなもんで、その人がその味好きならそれでいいじゃないか、と思ってます。わざわざ、それを否定することで、仕方なしに他のラーメン屋に行って、結果、その人がその味を、つか、ラーメンそのものを否定することに繋がるから。本当に何も生まれてない。それこそ、札幌の演劇の発展にならん、と思ってます。

あくまでも劇団のためにオブラートに包んでるんじゃなくて、その芝居が好きなお客様のためです。

ただ、当たり前ですが、自分の演劇(演劇以外も含め)が一番楽しんでもらえると思って創作活動してます。

「そっちはつまらないから、こっちを観に来てよ!」

って思うことはありますが、

たまに出くわす「他人下げをしないと、自分を上げれない人間」にはなりたくないので、僕はしません。

賞レースが中心の活動をしてたせいで、何か勘違いされてそうだけど、他人(お客様や審査員)の好みにケチつけちゃいかんよ。これはめっちゃ悔しい思いをして学んだ。

どんなにつまらなくても(そもそもそれは誰が決めるんだ?)、一人でも面白いと思ったらそれは面白い芝居だし。
それを否定するのが「馴れ合いじゃない」=「正しい行為」なのだとしたら、札幌の演劇の多様性はなくなり、たぶん、このジャンルは育たず、萎んでいくと思います。
馴れ合いに見えてしまうのかも知れないが、影響力のある誰かが決めた「面白い」が蓋をしてしまうジャンルにはならないで欲しい。

そーんな感じ。
PR
別に何かがあるわけじゃないんだけど、ブログを不定期ながら、わりと更新し始めている。いいことだと思っている。TwitterもTwitterでいいけどね。

写真とか載せないで文章だけ書こうと思うと、一気にブログに対して、気が楽になったというか。Twitter、Facebook、インスタグラム、ブログ。使い分けなんて出来ないからさ。
 
 
さて。突然。ウェイビジョンの話。

ウェイビジョンというのは、元々、小中学校の同級生の「おんのすけ」というやつと一緒に始めたサイト。wavision。

最初はウェブ動画とかネットラジオとかそういうのをやるサイトでした。

始まったのが2008年。大学生のころ。

waveとvisionの造語。
おんのすけの作る音楽と上田の映像と。
「未来図に向けた波を作るぜ!」みたいな。
あと、ウエダのウエとおんのすけのonの音を残したくて。
色々案出してこれに落ち着いた。とにかく群れたかったんだと思う。

大学のサークルのメンバーを巻き込んで一緒にバラエティっぽいものを作ろうとしたり。

2010年に星くずロンリネスを始めるまでは、本当に趣味のための肩書で。
そっからはイベントの企画運営とかその時々で形を変えて、メンバーも変わり、
なんだかんだと続いてきました。

というわけで、来年は実は10周年。

今の自分の姿を信じていただろうか、19、20歳の自分は。

やってることはそんなに変わってない。

なんなら、小学校とか中学校の頃に、自由帳にネタ書いたり、小説書いたり、テープにラジオ作ったり。あんなのとまったく変わりない。

原点はやっぱりあれなんだよね。

休み時間にドッジボールしないで、コツコツとノートに向かっていた学生時代。
ファミレスでネタ帳にぐりぐりと書き物をしている今も変わらない。

MDコンポで録音した音声編集して、翌日に友だちに聞かせるのが楽しみで。
PCに向かって、映像編集しているのも何も変わらない。



今月27日に、なおフェスというイベントを行なう。
その準備をしているんだけど、なんだか、そんなことを思いながら、作業している。


大学の演劇サークルに入ったのは「学校祭みたいなノリで楽しいよ」だし、
今の仕事やってて特番終わりに「大人の学校祭だ」ってポツリ呟いた上司の言葉とか。

なんか、学校祭のノリって、身近にあるんだけど、

俺は変わらず、休み時間の自由帳だ。

自由帳に書き上げたあれやこれや、放課後、友だちと録音したあれやこれやを友だちに聞かせて、きゃきゃっとする。あれだ。


そんなことを思いながら、いろんなものを作っていく。

10年ってあっという間だけど、いろんな人が過ぎていった。

いつまでいろんなことを作り続けるんだろう。

わからんけど、まだまだ人の出会いはいっぱいだ。楽しみだな。
ちょっとやりたいと思っていることがあって、その妄想ばかりしている。

この妄想が形になるのは、いつかな。

来年の上半期には、形にしたいなー。なんて思いながら、妄想している。

TGRだしね。そういう妄想。
 

ただ、目の前には、やること山積みマンになっています。

なので、やります!

どれもこれも全部やりたいことなんです!
 

稽古もあったり仕事もあったりするので、
観劇があまり出来ていない。

たくさんお誘いいただいてるのに!

そんな中でトランク機械シアターさんとネクステージの「ビバーク」を見に行ってきた。
ウェイビジョンの石鉢と熊谷が出ていたのです。
 
 
実は初めてのトランク劇場公演で。

石鉢が生き生きとしていたなあ。アイドルになれて良かったね。
特に左足がアイドルしていたよ!

子供たちと一緒に観る劇は素敵でした。ほがらかになるよね。ああいうの。
最近、子どもが欲しい。

仕事で乳幼児とその保護者向けのイベントに行ったら、
中学の同級生同士の夫婦が子どもが連れて来ていた。

超絶可愛かった。

なんか、また年齢の話になりそうだから、ここまで。
 

ネクステージ。
なんだかんだと、実は結構観に行ってる。

BLOCHでああいうタイプの芝居見ると、
こう、なんだろう、懐かしい気持ちというか、
自分の思う小劇場の芝居ってこの感じだなあって強く思った。

同世代の頑張りを見て、俺も頑張らなきゃならないなと思う。

熊谷は今年褒められてばかりなので、来年本当に注意して芝居活動をしてほしい。
いや、ただの嫉妬だけど。

嫉妬は上田の原動力さ。
 

27日以降も、なんだかんだと忙しい予感。
何本見に行けるかな。

でも、お酒には誘ってね。年末だしね。
かれこれ学生時代から合わせて10年くらい、色々とやって来て、折角色んな人と知り合えたし、なにかもっと面白いことをしたいなあと考えている時期。

それは仕事とか趣味だとか抜きに面白いこと。
30歳になるしね。

なんか小さなころから30歳という年齢を意識しすぎていて。

なんでだろうか。

んで、大学生のときに、将来のことで親父と大喧嘩し、
「30歳までになんとかならなかったら、まともに働け」と言われていて。

より30歳という年齢が明確な基準になった。

で。30歳までに好きなことを仕事に出来て、結果的に好きなことをしている。

 
20代で居たいなという欲もある。

先日休止した札幌オーギリング。

20代だから出来るライブだったと思う。まだ、30代じゃないからわからんけど。

 
なんか突然ブログを書き出した。

つまり、台本が書けていないし、映像もまだ出来ていない。

ただ、なにか閃きの日だったらしく、作業はメキメキ進む。
実行委員長的な目線、
星くずロンリネス代表的な目線で見る出場団体紹介!


今回出場するメンバーを語ると、
星くずロンリネスの短編演劇の軌跡がわかることが発覚したので書いています。

今回は



「青春事情」

東京で活動する劇団!
ちゃんとウィキペディアにも載っている。

星くずロンリネスは、2015年2月末に神奈川で行なわれた
「劇王天下統一大会」という短編演劇の全国大会に出た。

その大会に『初代東京劇王』として、東京を代表して出た劇団。

「キンチョーム」に出演する塚本奈緒美をきっかけにすごく仲良くなった。

理由は、可愛いから。



なんだそれって話だけど、
なぜか、青春事情の中で星くずロンリネスの人たちは会う前から興味をもたれていた。
最初、塚本が可愛いからと情報を追ったところ、
赤谷にハマリ、赤谷ポーズは青春事情のグループLINEで使われていたらしい。



僕らの出たAブロックのあとの交流会で、審査員だった伴さんに
コメディ色の強い劇団繋がりで、明日の青春事情見たらいいよと薦められていた。
実際に青春事情さんの作品を見て、いい意味で肩の力が抜けたコメディですごく好きだった。

全体打ち上げ。一次会が終わり、二次会へ。
思った以上の人数で、割と離れた席も用意されている状態。

「コントチーム、こっちー!」と
なぜか、隔離されたのが、青春事情と星くずロンリネスだった。

そこで、上に書いた赤谷ポーズの話とかが出て、盛り上がる。
陽気な兄さんたちと一気に仲良くなれた。



劇王の決勝戦を見届けて、サッカーのユニフォーム交換よろしく、
お互いのDVDを交換して、札幌へと戻った。
(俺が渡したのはオーギリングのDVDだったけど)

それから、約1年後。
先日の神奈川かもめ短編演劇祭。
わざわざ、青春事情の大野さんと加賀美さんが応援に来てくださった!
そのまま、その日の打ち上げにも参加。



打ち上げの席で、今回の企画を説明し、
札幌に来ませんか?と、メンバーにも確認せずに勝手にオファー。

まさかのOKが出て、今回に至ります。

新作の二人芝居とのこと。
こいつぁ絶対に面白いよ。楽しみだ!

ちなみに、青春事情絶賛の塚本奈緒美は今回MCを務めます!
相棒として、同じく神奈川かもめ短編演劇祭に出演した横澤章悟さんも出ます!

 

さて、ざっくりと星くずの短編演劇の軌跡を追いながら、
出演団体、出演者の発表が出来たかな・・・

あ!やつらを忘れている!

 
\ 次回!最終回!「霊6」編! /

そして、いよいよ明日本番!




「短編演劇祭でコントだって

 言われちゃった劇団の集まる演劇祭」



詳細はこちらから
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]