忍者ブログ
札幌で映像クリエイター(and more...)として活動する上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [417
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「短編演劇祭でコントだって
 言われちゃった劇団の集まる演劇祭」

詳細はこちらから

実行委員長的な目線、
星くずロンリネス代表的な目線で見る
出場団体紹介!
 
今回は・・・・
 
「劇団リベラルシアター」
 
この劇団との出会いは、
2011年のテアトロリストランテという若手劇団の短編が見れる企画だった。
星くずとリベラル、どちらも出ていた。
 
このあたりから、僕の脚本でやりたいことってのが固まってきた。
ギミック系コメディ。その最初の手ごたえが「底抜けビルディング」という作品だった。
未だに、この作品が好きって言われることがあるくらい。うれしい。
 
同じコメディーをやる集団で、なにか意識していたのかもしれない。
リベラルのように面白いことを面白くやれる役者も少ないし(当時はまだ所属がいた)
なんか脚本自体に特色出さないとみたいにぼんやり考えていた。
 
今回、この演劇祭をやるあたって、南参さんの脚本をやる劇団を考えたときに、
真っ先に浮かんだのが、リベラルシアターだった。
 
短編演劇祭には出していないものの、
ここ最近は、短編の二人芝居をオムニバス形式でやる公演が多いし、
絶対に面白いはず!と思った。
 
演劇的だけど、コント的でもある劇団だ。
星くずロンリネスが「日本で一番演劇とコントの狭間をつくユニット」であることを証明するためには、負けられない相手だ!
 
2010年に短編の面白さにハマり、
2011年~2013年くらいまで短編作品をやりまくった星くずロンリネス。
 
とある東京の劇団をキッカケに、視野が広がってしまう!
 
・・・そう、パセリスだ。
 
 
\ 次回!「パセリス」編! /
 

 
今日の画像、リベラルさんの写真を探したけど、
今の携帯にあるの、劇団リベラルシアターの女優・きゃめさんの写真だらけだった。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]