忍者ブログ

札幌で色んなことをする上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。

   
カテゴリー「観劇日和/観戦日和」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



さがぺだる、二位だったよ。マジすげえ。

びっくりだ。

昨日、熊谷と会った時も「自信ある自信ある」って言ってて、大丈夫かなと思ったが、

1分ネタから勝ち上がり、全体で二位!すごい!

途中から、もし、一位になって次回のMCやることになったら、どうしようかと思った。
変な汗をかいた。

いずもくんの声質が好き。

ペドロ軍団の勝ち残りも嬉しかった。あのネタ、すごい好き。

あと、ちびっこヤンキー。
ドラゴンボールネタだから、れなちゃんがあの色の組み合わせの服着てたのかと思ったが、
話を聞いたら違った。

久しぶりに、れなちゃんがネタをやってるのを見た。
今度飯でも行こうかと思います。


あー、笑RAPS、面白いなー。ネタバトルっていいね。見てる側もいい緊張感だ。


次回は、5月20日。おそらく、霊6揃って出れるんじゃなかったかな。
ごめん、準所属になったのに自信ない。

とにかく、楽しみです。霊6。

単独公演も楽しみです。



見終わってから、クラップスホールの裏の路地にある店「Algo」さんに久しぶりに行ってきた。

ばったりテルさんと会って、びっくり。




初めてトマトスープにして、
ベーコンにチーズトッピング。美味かった。

かなり満足だ。
深夜四時(たしか)までやってる店なので、気になる方は是非。


さて、寝よう。

おやすみ。おやすみ。
PR
「その緑色のぐちゃぐちゃした物体は弟です!」でお馴染みの上田です。


さて、27日。

リベラルシアタープチ #2
「GO!GO!ゴーストハウス★☆」

を観てまいりました。

ホラーコメディ!

ラストの大オチはすごくいい。好み。ホラー感。
あの全部をあそこで完結させる感じはすごくいい。




▼真っ白なレジヲさん。

キティという名のネコの幽霊、を演じるおっさん役でした。



▼脚本演出の大和田舞さん。きゃめ姉さん。


こうね、星くずメンバーが客演先で、正しい使われ方をしているのが嬉しい。

レジヲはあの使われ方が正解だと思う。いや、星くずは不正解ではないけどな!

TBGS.さんやもえぎ色さんでの寺地もそうだが、

こうなんかね、すごくいい雰囲気が出ている。

でも、レジはもっともっと伸び伸びやって欲しい。やるべき。もっと場数増やさないとな。


wavisionの客演ラッシュが楽しみで仕方ない!よ!

そんで、読めないコミックも頑張るよ。

リベラルさんとは違う、レジヲを、ね。


そのあと、熊谷・氏次さんと飲む。

ちらりとだったのに、後半から記憶があいまい。てへ。

なんかすごい下衆な話もしてた気がする。落ち着いた雰囲気の飲み屋だったのに。



■最近食べた美味いもののコーナー。


▼牛すじ飯。写真が縦!こう、画面をヨコに覗き込んで見て下さい。

先日。
牛すじ串が美味い、というか、飯全般が美味い「はなちゃん」で飲んだ。
久しぶりに言ったら、新メニューが増えてた!

ひつまぶしのように、出汁をかけて、味を変化させても美味い!
〆にぴったり!

まあ、序盤で頼んだけど、〆にもぴったり!


▼目が死んでて、顔が笑っていないように見えますが、すごく美味いです。


さて。作業に戻ろう。
結局、深夜の方が色々なことがはかどってしまう。


星くずロンリネスとナルギレスは、すごく似ている。

それは形態が、とか、活動開始時期がとか、世代がとかよりも、


もちろん、ロンリネスとナルギレスの語感の問題じゃなくて。


なによりも、

 

この二つの芝居が似ている、のだ。

 

 

さて。


稲田桂と出会ったのはいつだったのか、

それがなんのタイミングだったのか覚えていない。


とにかく、同い年で照明をやっている「怖い」人のイメージが刷り込まれてた。


きっと、合同学生演劇祭「サファリズム」に出た野原から聞いたんだったかな。

どうでもいいけど、こないだく~ぽんの単独ライブのエンドロールで「野原あつし」の所属が(星くずロンリネス)になってたので、おそらく、たぶん、星くずロンリネス現存する5人目のメンバーらしい。俺も卒業したと思ってたw


・・・あ、さっそく話が反れた。


まあ、とにかく、いつ出会ったかは覚えていない。

 

俺自身も意外なんだけど、あいつとしっかりと飲んだという記憶がない。

喫茶店でだらだらと打ち合わせみたいなのも、1度くらい?


たまに現場で照明と映像で入ることがあっても、あんまり絡まず

よく考えたら、番外公演「SHOW MARUYAMA SHO!!」で映像やってんじゃん。

あー、確かだけど、ATTICでのプチ打ち上げ終わって、居酒屋で飲んだな。

あの日は桂とというより、丸さんとだし、ざきさんとだったな。


とにかく、じっくり話して飲んだみたいのの記憶がない。


なんか覚えているのは、断面図さんの「リサイクル」という単独ライブの打ち上げで、

終電かなんかで皆が帰るとなり、断面図さんが見せの入り口まで送り出したかなんかで、

稲田桂と二人きりになった瞬間があった。

ほどよく酔っていらっしゃって、なんか不思議だった。

 


「同い年」の「テクニカル行為もする」「演劇ユニット」の「主宰」という関係。

2010年2月にナルギレスが#0公演をATTICで、

その1ヵ月後、星くずロンリネスが同じくATTICでプレ公演。


なんかペース的に同じように進み、公演を重ねる。

SSCとテアトロで一緒になるって時に、ちょっとニヤッとした。


星くずロンリネスとナルギレスなんて、同世代の陰と陽が、くらいに思い、ニヤニヤしていた。

いや、正確には、星くずも陽ではないと思うんだけど、この二つで言えばの話で。
あと、これ、アトリエさんとかがフューチャーされる前の話ねw

 

このときは最初に言った「この二つの芝居が似ている」という由々しき事態に気が付いていなかったので、

それこそ、どんな話をやるの?ってSSCとテアトロのプロットをお互いに話してた。


まあ、言ってしまえば、SSCで気が付くんだけど、

 

ナルギレスってパロディなんだなあって。

 

生物学、哲学、宗教とかへのパロディ。すごいパロディ。

その扱い方がいちいち「ガールズ」で、その言葉の使い方(それは女子のポエム的であったり、女子の語りであったり)で成り立っているなと。

たぶん、それって、文学的に言う隠喩とか暗喩と呼ばれるやつで。

 

ちなみに、星くずロンリネスもパロディ。

扱う内容もその表現も違うんだけど、どっちもパロディ。

「ガールズトーク」で「六道」(これは書いていいのかな?)

「お財布拾う天使と悪魔のコント」で「強盗殺人事件」みたいな。


比喩という言葉を大きな意味で捉えるのであれば、それ。


とにかく、2011年のSSC以来、ナルギレスの見え方が変わった。

 

そして、昨日の「幕引き」

会場の使い方は綺麗だなー。ガールズだなー。と思う。

輔さんからの華の差し入れにニヤニヤ。

 

昨日の芝居の感想を書くのであれば、正直に書こう。書く。

後半、ちょびっとウトウトしちまった。あんま寝てなかったのもあるんだけど。


なんでかって、「新作」には飛びっきりの暗喩を期待していたのだが、

「tirthika」に比べると、すごく直接的で、俺の中ではすぐに答えが見えちゃったら、もう後半はすごく退屈に思えちゃって。


あの表現方法で直喩をしちゃうとキツいんだなと思った。

たとえば、「糸」「離れる=分裂」というワードだけでもお腹いっぱいだった。

出さなくても良かった。すごくお客さんに媚を売りすぎだった。

もっともっと、暗にパロディをして欲しかった。

 

とここまで書いてて「上田、それ、違うよ。あれすらもう、パロディ。」と言われたい願望はある。


たぶん、桂の解説付きの上演台本を売ったら、売れると思う。


あー、でも、

レジヲと話していて、「え?あ?そういう話なの?」って言われたし。

人それぞれの解釈だから面白いのかしらね。


ひとつ心残りなのは、またあの作品をやったこと。

しかも、完全なる「私事」として。


だったら、俺は、テアトロリストランテに出そうとしていた、兄妹の話をやって欲しかった。

アレのプロットを聞いたときに、ああ、すごくいいと思ったのだ。

それこそ、幕引きには相応しいのではないかと。

 

とにかく、あのパロディの中で、あの作品が異物過ぎる。

俺はアレを排除したいと思ってしまう。でも、桂はしない。

 

 

 

・・・・あ、ごめん。

星くずロンリネスとナルギレスは
ぜんぜん違うものだったわ。

 

 

 

 

 

とそんな桂との私事を書いて、今一度、稲田桂と共催する「だいたいU25飲み会」の詳細を貼っておきますね。

 

・・・第3回だいたいU25飲み会

どうも!母親の旧姓が尾身でお馴染みの上田ですよー!

そんなの知らねえよってな。


さて、昨日。

yhs「プリンセスチェリー」/ナルギレス「幕引き」を観劇。

市場ひびきを連れまわした。


まず、yhs。

5月にエロティックコメディを控える俺にはすごくいい刺激、いい勉強。

いかにポップに扱うかだなと思った。


舞台装置、ステキだった。

 

個人的には、曽我がヒット。


前半部であれだけ好かれるキャラをやって、後半に体操服に猿轡とか!

後ろの方の席で見てたけど、猿轡をつけて出てきた瞬間のお客さんの空気感がたまらなかった。ゾクッとしたね。


たぶん、南参さんはどS。

 

あと、三戸部さんのイケメン悪党っぷりとエレキさんのダメさ加減、玖璃子さんのキャラクターがすごくマッチしてた。

 

おお!そう終わるか!という感じだったので、やっぱり、原作が気になって仕方がない。

どこまでがyhsのクリエイトした部分で、どこまでが原作なのか。


あと、単純な興味。

歌舞伎なんてちゃんと見たことないもんな。見てみたいと思った。

 


そうそう、偶然、座った席で卓朗と会った。

続けて、ナルギレスに行くか悩んでいたので、一緒に行くことに。


微妙な時間が空くので、ケンタッキーを一緒に食う。

 


▼写メ撮ろうとしたら、食べ終わったので、紙を食べだす。破天荒!



▼つられて、ビニールを食いだすひびき。


ちなみに、この二人、同い年らしい。

ひびきは痩せたら、古坂大魔王さんに似てるのではないかと思っている。
 

ナルギレスに行くと、星くずロンリネスの柏民レジヲが!

代表が言うのもなんだけど、これはレアキャラ。


同じくはしごで観劇してたらしい!





ナルギレスについては、別の記事で書く。





あ、そうそう。

観劇後、おかめのこけしちゃんと挨拶。

色々と話してみたいなと思った。あの雰囲気がすごく好きです。

 


で、全然そんなつもりもなかったのに、

珍しく、レジヲも「行く」って言うから、ひびきと3人で白石で飲む。

 



▼久しぶりのレジヲさん(推定39歳)

 

本当に色々と話す。

観た芝居のこととか、wavisionのこととか、星くずとか、ひびきくんの話とか、やりたいこととか。

将来のこととか。


ほぼ7割、俺が喋っていた。喋りすぎた。いかんなー。


挨拶と自己主張と少しのハッタリって大事だなと思った。

 

さあ。動く、動くのよ。やる、やるのよ。

 


■最近食べた美味いものシリーズ■

 


▼昨日食べた馬刺しユッケ。


美味かった!一人でバクバク食べてごめんね。

あと、お刺身も美味しかった!

あのお店はボリュームたっぷりだし、絶対にまた行く。

レジヲさんが隠してたから、店名書かないけど。

 

そんな日。

 


そんな日のことをブログにしようと言ってたので、皆のブログを貼っておきます。


柏民レジヲのブログ「レジブクロ」
↑なんと、12月以来の更新・笑

市場ひびきのブログ「ひびき市場!」

谷村卓朗のブログ「モヒカンかヒモ」


何度でも言うけど、この「モヒカンかヒモ」ってタイトル、秀逸。

  
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
Copyright ©  -- 龍成のくずログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]