忍者ブログ
札幌で色んなことをする上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383


今日久し振りにタニケンさんと会った。

2007年のTGRに参加したプラズマニアの「トワハテ!」という作品で
僕がエキストラとして参加した時から、ずっとお世話になっている先輩。

どうやら、7年の付き合いなワケだ。

学園大演研のOBだし、初めてBLOCHで見た芝居はスプレドッグ!だったし。

色々な映像を作らせてもらうキッカケになったのもタニケンさん。

色んなキッカケになった人。

昔、mixiの紹介文に「上田龍成に「映像」っていうのを演出したのはタニケンさん」みたいなことを書いた。あー、恥ずかしい。

 

最近、ズドンと精神的にやられていた俺ですが、

ちょっとだけ元気になりました。

全然、打ち合わせも雑談もたいしてしていないのに。

今度飲みに行きたいなー。タニケンさんも忙しそうだからあれだけど。

 


そんなプラズマニアが10周年。

詳細はこちら。

上田は映像で関わるわけです。

10年ですってよ。

もえぎ色の公演やリベラルシアターのハッシュタグとか見てて思うけど、

10年ってかなりの歴史なワケですよ。

星くずは2010年旗揚げだから、4年目。


え、あ?あれ?

俺が関わりだしたのってプラズマニアが3年目だったのか!


え、3年目!?

星くずの3年目って言ったら、さむらいスターあたりか。

あー。なんかそうか。ちょっと腑に落ちた。

色々と懐かしい気持ちになっている。


本人の許可なんてまったく取ってないけど、すげえ懐かしい写真をあげておこう。


2007年11月らしい。

トワハテ!の打ち上げ。

 




なんか、顔、似てね?

俺、若いな、さすがに。


この写真のタニケンさんが今の俺と同い年だと気が付いて、ぞっとしている。

すげえ恥ずかしいけど、この当時、カリスマ性のある人だなーと眺めていた。

すげえ恥ずかしいけど。

当時20歳の僕。すげえ、恥ずかしいけど。思ってた。

なんか、影響されまくってたなー。今も影響はすごいあるけど。


今、この歳になって、

あの当時の俺くらいの歳の石鉢とかにそう思わせているのかとか、考えてしまう。

きっと、ねえな。今のあの世代、みんな大人だもん。

 

関係ないけど、僕の好きな尊敬している人たちは、

今の俺くらいの時に、何かひとつ達成している。

マッスル坂井も「マッスル」を26、7でやってたはず。


俺もそろそろなにか達成しないと。

物足りないんですよ、やっぱり。

いや、なにかで優勝するとか、一回り大きな会場とか、
道外で芝居をやる機会とか、そういうのもなんですけど。

そういう機会が徐々に増えているからこそ。


なにか、昔から、人と違うが好きで。

人と違うことがしたいんです。


その中で、一番、理想に近いのは、札幌オーギリングかもしれない。

オーギリングをもっともっとすげえものにしてやりてえなと。

 


今日、タニケンさんと話していても思った。


エンタメ力とかタレント力みたいなもの。

 

演劇の同世代にこれは作れないわって言わせたいんだよ。きっと。

そいつらに嫉妬しているから。


面白い芝居作るなと思うし、芝居好きなんだなーって思うから。

俺はそこまで芝居を愛せてないし、面白いものもそんな頻度で書けないし。


だから、

僕は、やりたいを詰め込んだ、札幌オーギリングをやるんですよ。

 

年内最後!


12月6日!土曜日!

メッセホール!!!


おかげさまでチケットが少し少しと伸びてきています!!

指定席は完売しましたので、1200円の自由席のみ!安い!

 

目標は140人!フル満員でやってやります!

 

26歳の俺が、


面白いと思った人たちを巻き込んでやれる


最大の面白いことです!

ここから予約とか出来ます!

 

ここで見なきゃ、いつ見るんだ!?

 

ということで。


ぜひ。


ガストで熱い気持ちになりました。そんな日。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]