忍者ブログ
札幌で映像クリエイター(and more...)として活動する上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [301]  [300
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも。上田龍成です。

名乗る必要ないのに名乗る!

しかし、元々、このブログが「おんのすけ」という小・中学校時代の友人であり、
星くずロンリネスの音楽制作をやってくれている男との
共同ブログだったことを、(忘れていたわけではないのですが、)
ふいに、思い出し、僕は今、昔のブログを読み返すなんて
そんな野暮なことをしてしまったのであります。

そうすると、2008年4月からやっているではありませんか。

もう少しでまるっと5年。

ブログと同時に、wavision-ウェイビジョン-という名前をつけてから、ちょうど5年。
おんのすけとファーストフード店で、名前を試行錯誤したなとか思うのです。

当初、「○○ビジョン」と書いて、「ほにゃららビジョン」いう名前の予定でした。

どっちが良かったかなんてわからないですが、
検索を考えたら、wavision-ウェイビジョン-で良かったのではないかと思うのです。

「ほにゃらら」というワードは可愛いですけどね。

初期のブログが恥ずかしいです。
なんかウケ狙おうとしてスベっている感じが。

初期のブログも映像も恥ずかしくてウンコが漏れそうです。
それをかっこいいとか面白いとか思っていることが。

今、自分が作っているものが、数年後にそうならないことを信じてます。

ツイッターには書いたのですが、新しいビデオカメラを買おうと思います。迷ってはいたのですが、ついに。

なんか、こう本気を出すときが来たというか。

悪いイメージを切り捨てて、良いイメージだけをするようにすると、いいことが舞い込んでくるんだなとか。

そんなことを日々考えています。

リミットがある以上、本気でやる以上、
俺についてこい!ついてきてくれないか!に応じてくれることを期待してしまう。

今年はやるよ。形にするための一歩、二歩。


先日、斉藤詩帆と会った。



▼しほにゃん。

斉藤詩帆は大学の1つ下。年齢は俺が浪人しているから2こ下。
ファイヤーワークス米沢と同じ代。

今ふいに思ったけど、いつからwavision所属になったんだっけ?
いや、それが悪い意味ではなくて、自然といたなというか。

久しぶりに色々と話す。お互い同じことを思っていたので、俺は凄く反省したよ。
ちょっとにやりとして、ちょっとぞっとしたけど。

一緒に芝居やれたら、なんて思ったりね。

星くずロンリネスの解体を考えたら、すごく必然というか。
詩帆は、自分の初めて書いた脚本でヒロインでした。
でも、正直、きむらゆうかの演出する詩帆の芝居が好き。
合同学生演劇祭のとき、自分にがっかりした。
こんな出来る役者を使いこなせてなかったのかと。
そう考えると、当時面識の無かったきむらゆうかに、すでに負けてると感じていたのかも知れない。アンドロイドでもっと色んな覚悟をしてしまう、ずっとずっと前。


なんか、悔しいので、次の話。


15日。

ロンリーアクタープロジェクトで出演/演出/脚本の芝居を作った
こけしと原ちゃんと、休日ドライブ。

雪。

ラーメンを食べたいとずっとこけしが喚いてから、
ようやくラーメンにありつく。


▼行列を並ぶ。

人気店「彩未」さん。
14時前に到着。店内外合わせて、20人くらい並んでたかな?


▼彩未の味噌ラーメン(大盛)

初めて、食べた。
ショウガが効いてて、美味かった。

行列が最大の調味料かもななんて、そんなベタな。
でもやっぱり、上田の中では、味噌ラーメン最強は「みのや」
飲んだ後の、あのこってりがたまらない。

こけしさんと原さんは「あまい味噌ラーメン」が好きらしい。
誰か、そんなラーメン屋さんを教えてください。

このあと、三井アウトレットにいったりするんだけど、
俺の中では、ラーメンがピークでした。



また、別な日。

夕方に、赤谷から電話来て、飲もうって。
BLOCHに所用あり、映像を届けてから、赤谷の家に。

アカタビリュウの打ち合わせ兼ねてたら、
熊谷と卓朗も来て、
話そうと思ってた話はすっかり忘れていた。今度。

そして、ぷよぷよ、ゴールデンアイとか
小学生以来の懐かしい64ゲームたち。


▼小学生のようないい大人たち。

赤谷の家の広さが、ちょうど、友達の「自分の部屋」のような広さで。

ブラウン管テレビで64を遊ぶ熊谷・赤谷。でも、スマホをいじる卓朗。
飲むのは缶ビール、だけど、お菓子もある。

いつなのかわからないような、
そんな懐かしい時間。


▼カセットをふーふーする、熊谷。


▼ハドソンの出したプロレスゲームのエルサムライ。

NINTENDO64歳強のプロレスゲームは、
というか、他のハードも含めて、最強は
「バーチャルプロレス2」

エディットがプロレスマニア向け。
もうかゆいところに手が届きすぎている。
ローキックだけで3〜4種類とかざら。

そんで、操作性は初心者向け。だけど、ちゃんとプロレスになる。
んで、UWFにも精通しててってね、
うん、この話をすると、とまらないね。
急に、中学の同級生のしゅんを思い出した。
なんか、プロレス好きだし、赤谷に似てるのかもね。

あ、そうだ。ツイッターに書いたけど、

昔あったテーブルゲームで、

青いキャップを被ってて、顔は銀玉迷路。
身体は表に野球盤と裏には将棋とかダイヤモンドゲームとか。
手とか足もついてて、足の中には、ゲームで使う駒とかアイテムをしまえる。

っていう、おもちゃを知らないですか?
赤谷とググりまくったのですが、まったく出てこない!
詳細知っている方いたら、コメントください。


と、まあ、久しぶりに文章をたくさん書いたブログ。

すげえ更新に時間がかかる。

もっと、こまめに書こう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]