忍者ブログ
札幌で映像クリエイター(and more...)として活動する上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[266]  [264]  [263]  [261]  [260]  [257]  [258]  [255]  [254]  [253]  [252
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


星くずロンリネスとナルギレスは、すごく似ている。

それは形態が、とか、活動開始時期がとか、世代がとかよりも、


もちろん、ロンリネスとナルギレスの語感の問題じゃなくて。


なによりも、

 

この二つの芝居が似ている、のだ。

 

 

さて。


稲田桂と出会ったのはいつだったのか、

それがなんのタイミングだったのか覚えていない。


とにかく、同い年で照明をやっている「怖い」人のイメージが刷り込まれてた。


きっと、合同学生演劇祭「サファリズム」に出た野原から聞いたんだったかな。

どうでもいいけど、こないだく~ぽんの単独ライブのエンドロールで「野原あつし」の所属が(星くずロンリネス)になってたので、おそらく、たぶん、星くずロンリネス現存する5人目のメンバーらしい。俺も卒業したと思ってたw


・・・あ、さっそく話が反れた。


まあ、とにかく、いつ出会ったかは覚えていない。

 

俺自身も意外なんだけど、あいつとしっかりと飲んだという記憶がない。

喫茶店でだらだらと打ち合わせみたいなのも、1度くらい?


たまに現場で照明と映像で入ることがあっても、あんまり絡まず

よく考えたら、番外公演「SHOW MARUYAMA SHO!!」で映像やってんじゃん。

あー、確かだけど、ATTICでのプチ打ち上げ終わって、居酒屋で飲んだな。

あの日は桂とというより、丸さんとだし、ざきさんとだったな。


とにかく、じっくり話して飲んだみたいのの記憶がない。


なんか覚えているのは、断面図さんの「リサイクル」という単独ライブの打ち上げで、

終電かなんかで皆が帰るとなり、断面図さんが見せの入り口まで送り出したかなんかで、

稲田桂と二人きりになった瞬間があった。

ほどよく酔っていらっしゃって、なんか不思議だった。

 


「同い年」の「テクニカル行為もする」「演劇ユニット」の「主宰」という関係。

2010年2月にナルギレスが#0公演をATTICで、

その1ヵ月後、星くずロンリネスが同じくATTICでプレ公演。


なんかペース的に同じように進み、公演を重ねる。

SSCとテアトロで一緒になるって時に、ちょっとニヤッとした。


星くずロンリネスとナルギレスなんて、同世代の陰と陽が、くらいに思い、ニヤニヤしていた。

いや、正確には、星くずも陽ではないと思うんだけど、この二つで言えばの話で。
あと、これ、アトリエさんとかがフューチャーされる前の話ねw

 

このときは最初に言った「この二つの芝居が似ている」という由々しき事態に気が付いていなかったので、

それこそ、どんな話をやるの?ってSSCとテアトロのプロットをお互いに話してた。


まあ、言ってしまえば、SSCで気が付くんだけど、

 

ナルギレスってパロディなんだなあって。

 

生物学、哲学、宗教とかへのパロディ。すごいパロディ。

その扱い方がいちいち「ガールズ」で、その言葉の使い方(それは女子のポエム的であったり、女子の語りであったり)で成り立っているなと。

たぶん、それって、文学的に言う隠喩とか暗喩と呼ばれるやつで。

 

ちなみに、星くずロンリネスもパロディ。

扱う内容もその表現も違うんだけど、どっちもパロディ。

「ガールズトーク」で「六道」(これは書いていいのかな?)

「お財布拾う天使と悪魔のコント」で「強盗殺人事件」みたいな。


比喩という言葉を大きな意味で捉えるのであれば、それ。


とにかく、2011年のSSC以来、ナルギレスの見え方が変わった。

 

そして、昨日の「幕引き」

会場の使い方は綺麗だなー。ガールズだなー。と思う。

輔さんからの華の差し入れにニヤニヤ。

 

昨日の芝居の感想を書くのであれば、正直に書こう。書く。

後半、ちょびっとウトウトしちまった。あんま寝てなかったのもあるんだけど。


なんでかって、「新作」には飛びっきりの暗喩を期待していたのだが、

「tirthika」に比べると、すごく直接的で、俺の中ではすぐに答えが見えちゃったら、もう後半はすごく退屈に思えちゃって。


あの表現方法で直喩をしちゃうとキツいんだなと思った。

たとえば、「糸」「離れる=分裂」というワードだけでもお腹いっぱいだった。

出さなくても良かった。すごくお客さんに媚を売りすぎだった。

もっともっと、暗にパロディをして欲しかった。

 

とここまで書いてて「上田、それ、違うよ。あれすらもう、パロディ。」と言われたい願望はある。


たぶん、桂の解説付きの上演台本を売ったら、売れると思う。


あー、でも、

レジヲと話していて、「え?あ?そういう話なの?」って言われたし。

人それぞれの解釈だから面白いのかしらね。


ひとつ心残りなのは、またあの作品をやったこと。

しかも、完全なる「私事」として。


だったら、俺は、テアトロリストランテに出そうとしていた、兄妹の話をやって欲しかった。

アレのプロットを聞いたときに、ああ、すごくいいと思ったのだ。

それこそ、幕引きには相応しいのではないかと。

 

とにかく、あのパロディの中で、あの作品が異物過ぎる。

俺はアレを排除したいと思ってしまう。でも、桂はしない。

 

 

 

・・・・あ、ごめん。

星くずロンリネスとナルギレスは
ぜんぜん違うものだったわ。

 

 

 

 

 

とそんな桂との私事を書いて、今一度、稲田桂と共催する「だいたいU25飲み会」の詳細を貼っておきますね。

 


□お知らせ□
 
2012年3月27日19時から
 
「第3回だいたいU-25飲み会」を開催いたします!
 
10ヶ月ほどの沈黙を破り、
主催であったナルギレス・稲田桂の上京に合わせ、
送別を兼ねて、開催します!
 
ですが、内容はいつもと一緒です!
 
 
場所:札幌市中央区南7西4 プラザ7・4浅井ビル2F 空きテナント


大きな地図で見る

 
参加費:一人800円(会場費・軽食・紙コップ代等)
 
※原則、ご自分の飲み物・食べ物はご用意ください!
 リキュール・ボトルやお菓子等の差し入れも歓迎!
 
公演の近い劇団、公演の予定のある方々は、
ぜひ、チケットやフライヤーを持参して宣伝にお越し下さい!
役者、スタッフをお探しの方も来てみたらいい人いるかも!!
 
そして、「U-25じゃないのだけど、若手と絡みたい」という
お兄様お姉様方も是非とも来て、若手をいじり倒してください。
 
「いや、そもそも、演劇人じゃないんだけどね」
「なんか演劇の人とやってみたいんだけどね」
そんな興味のある人たちもふらっとお立ち寄りください。


「札幌若手演劇人」を中心とした宅飲みくらいの感覚でお越し下さい。
 
 
とにかく色んなきっかけになればいいなと思います。
 
参加希望の方の事前の連絡は不要ですが、一言あると、すごく嬉しかったりします。
上田龍成やナルギレスのブログ・ツイッター等にコメント/リプ頂けると助かります。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]