忍者ブログ
札幌で色んなことをする上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[420]  [419]  [417]  [416]  [415]  [414]  [412]  [411]  [410]  [409]  [406





5日。

山下智博さんのトークイベント行った。


中国のネット界隈の面白い話だらけであっという間。

中国のテレビバラエティ事情を知りたいなぁとすごく思った。

たぶん、山下さんのはゆーちゅーばー的なバラエティ論であって、

きっと、中国のテレビバラエティーはまた違う世界なんだと思った。

それを知らないとなにも出来ないと思う。


HOW TO本のHOW TOの言い回しに山下さんの中国感を感じた。

大学一年生の時、中国語習ったなあ。
まったく身につかなかったけど。


山下さんとなにかをやるチャンスがあればいいなあー。



山下さんについてはこれを見て下さいな。

→http://www.lifehacker.jp/2015/05/150523_%20shanghai_yamashita.html




話は変わります。
というか、完全に私的な話。


ちょっと前に、南参さんと斎藤雅彰さんとご飯を食べた。

劇作家的な話をした。

昨日はオフィスセブンのかみむらさんやラフ→チケットさんとご飯食べた。

バラエティの話をした。

 

こう、思うわけですよ。

芝居やって、評価されなかったら、映像をやって、

映像やって、評価されなかったら、お笑いをやって、

お笑いやって、評価されなかったら、芝居をやって、

芝居やって、評価されなかったら、映像を・・・

って、こう常に逃げて、ある意味でずるして、

それぞれの専門の人からはちょっとめんどくさそうな目で見られて。

でも、その中で、どれもゆっくりと成長してきて、

去年、偶然にも全部が上手く回り始めて、

ほんの少しだけど、自分の中では一気に前進して、

だから、この3点をぐるぐると回りながら、成長していくことに少し意味を見出していて。


正直、そろそろ、どれかに絞れよ!ってなっているし。

ならなきゃいけないし。

 
その中で、何かに属するか、自分で好き勝手やるかとか、

そういう悩みがグルグルしています。



別にこれをブログに書いてどうにかなるわけじゃないんだけど。



ただ、ひとついえるのは、その3点のすべてを担っているのが、

札幌オーギリングであるということ。



大喜利ライブだけど、

煽り映像作るし、物語部分の台本もあるし、

今、自分のやっている全てが入っている。


見たこと無い人は見て欲しい。



  


あと、霊6のブログを熊谷が頑張って更新しているので、

俺も更新頑張ろうと思ったので、出来るだけ、更新しまーす。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]