忍者ブログ
札幌で映像クリエイター(and more...)として活動する上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[414]  [412]  [411]  [410]  [409]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



横浜での劇王の話。後半。



本番前の楽屋。

何度もやっている演目とは言え、

緊張するよね。やっぱり。


PA卓から客席を眺めていて、

北海道でお芝居を観に来てくださるお客様たちや
東京に行った劇団平成商品のきむらや都ちゃん
パセリスの皆さんの顔などが見えて、

あれ?これ、ホームなんじゃないかと思った。

すごく励まされた!



中身としては、過去最高のキンチョームだったんじゃないかなと自負している。

まあ、もちろん納得のいってない悔しい箇所があるけど、うん。


愛知よりも確実に面白くなったし。変化って大事。


お客様の笑いも本当に多くて安心した。




本番後、お客さんと色々とご挨拶させてもらったり。



昨年10月にご一緒したパセリスの皆さん+森さん+斉藤さんと。

わざわざ見に来てくださいました!

森さんからは俺も「すし」のくだりやりたかったよ!と言われました。




審査員の鴻上さんと。

キンチョームを見て「シベリア少女鉄道好きでしょ?」って言われると思わなかった。

よく言われる。

でも、実はそこまで意識していないというか、意識するほど本数を見たことがない。

よく言われるので見たい・・・!

あ、そうだ。

ちょっとしたやり取りだったけど、すごく嬉しい瞬間があって、喜んだ。




そして、同じく審査員の渡辺えりさんと。

えりさんの言った「戯曲」という面で審査したというのが、

僕の劇王における評価の全てだと思う。


正直、どこよりもお客さんを笑いの面で沸かしたと思うし、

これが劇王じゃなきゃ、違う評価なんだろうけど。


そんな中で、脚本家の伴さんが最高点つけてくれてて、本当に嬉しかった。

終わってからも、SNS等でコメントくださったり、

塚本と赤谷出演のカメレオン7のMV見てくださったり。





Aブロックを勝ち抜いた熊本の「不思議少年」の大迫くんと。





悔しいけど、面白かったのよ。スキューバ。

そして、すごいのは、劇王終わって、すぐに、

若手演出家コンクールでまた東京で芝居した。

すげえや。


赤谷と同い年の大迫くん。

同世代として、これからも仲良くしたいなと思った。



と、僕たちの劇王は終わったので、

翌日からは劇王観劇と横浜観光ですよ。





ベタな観光した。

タワーに登ったり、






赤レンガに行ったり。

ただ、ぼんやり、前日言われた劇評が頭をグルグルしてた。



各地方のお芝居が見れたのはすごく刺激的。



28日の夜は、全体打ち上げ。


愛知でご一緒した東海地区の方たちや

広島の兄さん、武田さんなどと楽しく過ごす。



で、なんか、とてつもなく、嬉しい出会いだったのだけど、

東京代表だった「青春事情」さんと楽しく飲んだ。

2次会の段階で、


「コントチーム」というくくりで、別卓に隔離される。

てか、そういうの除いても、

もう本番前から交流はじまっていたらしい。


話すと長くなるけど、

とにかく、なおみんの可愛さと赤谷ポーズが東京でプチブレイクして面白かった。




▼青春事情のデザイン全般やっている伊藤さんと。



▼おがわさん、本当に面白い方だった。


ツッコミがあんなに楽しかったのは久しぶりだった。

いい飲み会だったなー。

また、どこかであうんじゃないかと思っている。





最終日に青春事情の総合演出の松本さん(劇王の制作でもある人)から

青春事情のDVDをいただいた!


早速、札幌戻って、1本見たが、面白かった!

代わりに、札幌オーギリングのDVDをお渡しした。見てもらえたら嬉しいなー。





最終日。

飛行機の時間はあったのだけど、どうしても見たくて、

決勝を見てた。


そして、大迫くんが優勝した!

普通に嬉しくて。


誰もいない楽屋で待ってて、帰ってきた途端、握手して、抱き合った。


そういや、北海道の劇王的な位置づけである「教文短編演劇祭」の話を
友人に説明したときに、

なんか、ジャンプ漫画みたいだな!と言われたのを思い出した。


こう、トーナメントがあって、その先には全国大会があるみたいな。


大迫くんとの、あの瞬間は、すごくジャンプの漫画の世界だった。














帰りの羽田で遠征メンバーと。


赤谷はパインソーで東京公演へ。

残りの3人と俺は4月末の遊戯祭の稽古へ。


これからもなんか色々やっていきまーす!






とにかく!

今年の夏の教文短編演劇祭も勝ち抜いて!

来年、劇王になるために頑張ります!

策を立てつつある!

この路線で、俺は負けない!やるぞー!!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]