忍者ブログ
札幌で色んなことをする上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [321]  [320]  [319]  [318

大学に入り、演劇研究会に所属した、僕。

新人公演でうっかり主役的なポジションに立ってしまう。

偶然、見に来ていた谷口健太郎という男に、

「エキストラ探してるんだけど、出てみない?」と

先輩の村上義典さん経由で『トワハテ!』というお芝居のお誘いをもらう。


びっくりしたし、ありがたかった。

「スプレドッグ」観て、号泣してたし、なんか、すごく上の人だと思ってたから。

演劇研究会は当時、劣化プラズマニアみたいなことをしてたし。いや、関わってた人間が言うからいいよね?

実際、憧れてたし。ああいった勢いと疾走感の芝居に。

 

ただ、僕はすごく人見知りなので、ちょっとだけ時間をもらった。

ちなみに、このとき、オファーも来てないのに「俺が出ます!」と意気込み、

一緒に出ることが決まったのが、平田渓一。


悩んだ末に、『トワハテ!』にダンサーとモブ的な感じで出演する。多分、19歳。

その翌年のプラズマラボにも出ろと言われていたが、テストと被ってて、断念。

平田は出てたけどね。


ただ、このときに、映像を作る機会をもらった。

当時、プラズマニアで気合いの入っていたグッズのCM。

義典監督の、ドラ●もんパロディのやつ。


ここから、「バウンティ!」「セイリング!」「ミラクル!」と
翌年の三作連続企画中、開場中のCMを作る。


今考えると、すげえ稚拙だけど、勉強になった。

それをきっかけに、BLOCHに出入りしだして、
バクブロの映像とか、川尻さんの「NO NAI」、苗穂の「メロス」に繋がるし。

他の場所でも映像の人として、呼ばれるようになった。


あの時、新人公演に出てなかったら、

あの時、タニケンさんが観に来てなかったら、

あの時、出るって決めなかったら・・・

それが後悔じゃなく、プラスに働いてるけど、トワハテ!的。


きっと。

すっかり、芝居に出る側をやらなくなった自分に、

プラズマニアが、谷口健太郎が、

上田龍成の『映像の人間』という肩書きを演出してくれたのだと思っている。

 

そして、あれから、5年とか6年とか。


萌希さんの結婚式の二次会で谷口さんから「復活プラズマニア構想」を聞く。

あの頃のように迷うことは無くなり、即決。

その日は美味しいお酒を飲んだ。すごく飲んだ。大変だった。


映像はもちろん、キャスティングなどのお手伝いも。


台本を読んで、プラズマニアを感じ、

稽古中の「暗転!」という声に、プラズマニアを感じ、

タニケンさんのダメ出しに頷く萌希さんさんに、プラズマニアを感じ、

先日の通し稽古を見て、選曲はもちろんなんだけど、
ノリノリで音響をする一生さんに、プラズマニアを感じる。

 

だから、

映像にもプラズマニアを感じさせれたらいいなあ。

 

実は、プラズマニアの本編の映像は作ったことがないのよ。

今回が初めて。初プラズマニア。へんなの。


絶対にあの頃よりも出来ることが増えたし、

やらなきゃいけないハードルも高くなってる。

 

でもね、俺も一時期、プラズマニアに関わった人間として、

勢いと疾走感をね、見せたいのよ。


稽古中に同年代の芝居にウルウルしてる場合じゃないのよ!

頑張ります!


なので、観に来て欲しい!


通し稽古の感想は、

「まぎれもなく、これはプラズマニア」

勢いと疾走感と。


これに舞台装置と光と音と映像と。全部が重なると思うと、ニヤニヤがとまらない。


最後に。

昔の谷口さんとの写真探したけど、古い携帯に入ってるから、

最新の、そして、衝撃のツーショット。


プラズマニアと、僕>
▼昨年末のコローレさんの忘年会にて。




プラズマニア 第12回公演
「深海シティアンダーグラウンド」

詳細と予約はこちら!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]