忍者ブログ
札幌で色んなことをする上田龍成の「日和」を書き溜めたブログ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

じいちゃんの話を書きます。

こんな話を書くのは、あれなんだけど、ブログなんて日記だしね。


うん。

いきなりだけど、

先月末、じいちゃんが亡くなりました。

初七日も終わって、ちょっとだけ落ち着いたので、書きます。

 

今年入った段階で、よくても半年と言われていました。

まあ、だから、ある程度の覚悟はしてまして。

もう数年前から地方の症状が出てたり、歩行が困難になってたり。

そんな状態がしばらく続いてて。

それでも、俺が声かけたら、認識はしているし、話は出来るし。

ただ、「これから学校か?」って言われたり。

じいちゃんの中では、大学生の俺で止まってたね。


というか、70代後半まで、
ウイスキーロックで晩酌しちゃうようなじいちゃんで。

その頃で記憶も止まってる感じでした。

 


そんなじいちゃんが亡くなったのは、オーギリング翌日でした。


実は、10月のオーギリング終わるまで、本当に忙しくて。

ましてや、パセリスとの合同公演からのオーギリングという、なかなかないビッチリスケジュールで。


オーギリングの打ち上げは、今年一番の開放感のある打ち上げで。

翌日、目覚ましたら、親父から電話が来てて。

もしかしてと思ったら、やはりそうでした。


幸いにも、その日はまるっとオフだったので、すぐに実家に戻れて、顔見れて。

綺麗な顔でした。苦しむこともなかったみたいです。

もしかすると、このタイミングまで待っててくれたのかななんて思います。

じゃなかったら、バタバタ過ぎて、どうなってたことやら。

 

話はちょっと変わっちゃうんですが、

親戚とかが集まる場で、うちの親父が嬉しそうに俺の芝居の話とかをしているのを見て、すごく変な気持ちになりました。

今まで、ものすごく反対してたので。

映像職にも芝居のことも。全部。

よく喧嘩ばっかしてました、ほんと。


あー、もうちょっとだけ、頑張ってもいいのかもなーって思いました。

たまたま、オーギリングの打ち上げで、中島や島田と話したこともリンクして。

 


んー。これ以上書いたら、文章とっちらかるんで、ここらへんにしますね。


最後に、うちのじいちゃんにそっくりだと親戚中で話題になった俺の写真貼っておきます。


 

PR



ずっと勝手に憧れている人がいる。

プロレス好きな高校時代。

衝撃的だった、「マッスル」という興行。



大学に入って、

マッスル坂井選手に憧れて、

映像制作を始めて、何故か、ついでに芝居を始めて。





「マッスル」を仕掛けた頃の坂井さんと

同い年になった今年、ようやくそれらが前進して、


ケーブルTVディレクターになり、

札幌で短編芝居の王者になって全国に行くような機会を勝ち取り。



で。


煽り映像が作りたいと素直に思い、

プロレス的なストーリーのある大喜利対戦ライブ「札幌オーギリング」を始めた。



もっともっと、大きな規模にしなきゃなという段階。




でも、着実にこの数年からの大前進だなと思っていた今年。




そしたら、坂井さんは更に更に面白いことをどんどん仕掛ける。


あー、これは追いつけるわけないし、

もう、憧れで終わるんだろうなー・・・

でも、いつか、札幌オーギリングの舞台に

マッスル坂井選手を呼ぶんだ。



きっと、これも妄言で終わるんだろうけど。


叶えたい。



大喜利×プロレスを謳う以上は、叶えたい。




 

ということを、



プロレスキャノンボール2014のハッシュタグで流れを追って思う。





札幌オーギリング 十月興行「ボードマーカースピリッツ」




までは、 あと数日。



頑張ろう。
本当に日記程度でいいから、出来る限り、

ブログを書こう、と決意。

何度目かの決意。




今日は、

朝のごはん。愉快なアカエボシ。を見た。


僕のお友達のこけしさんが脚本のお芝居。

BLOCHの企画で。

セットや映像や照明や音楽や。

いつものおかめよりもゴージャス。


でも、思ったよりこけしに嫉妬しなかった。

良かった。

・・・いや、良かったのか?


なにか物足りなくて。


あ、こけしがすごく痩せてた。


そのせいかな。


赤谷にいじられてるのを見て、懐かしい気持ちになる。

この頃とかすげえ飲んでた気がする。

2年前の今時期だった。ちょっと時間の経過にひいている。



あ。

客席の横にいた人と話し込み、創作意欲が湧いた。

僕も久し振りに新しいものを書く。やる。



けど、それは11月になったら。徐々に発表するね。

待ってろ!


まずは、25日のオーギリングを頑張る。





地味に近くて、25日ですよー!来てねー!みんな!

詳細と予約



昨日、とあるあれをあれしたのでした。

楽しかった。




噂のファミレス大喜利だよ。
まずは、このブログでしっかりと報告していなかったですが、

教文短編演劇祭で、優勝することが出来ました。

そのあたりの興奮具合は、このまとめで見てください。

【教文短編演劇祭】きっと、星くずロンリネスが優勝するまでのまとめ


そんな教文短編が終わり、バタバタと2週間。

なんだか、いい感じです。

いや、悪いこともありますよ、そりゃ。

でも、だいたい飲んでたらいい感じですよね。


いい感じといえば、

「夜明け前」を見てきました。

初演のあった5年前、きっと後悔だらけだったんだと思います。

たぶん、大学4年生の僕。後悔しかなかったと思います。

あれから、フラフラとしてたつもりだったけど、

いつの間にか、その当時持ってた後悔は消えていて、

初演を見終わった後の、うおおおお!という感情ではなく、

あー、面白かったなーが全てでした。


あと、面白いものを作って、1000人呼んでいるということへの嫉妬。

だから、また後悔することがあるんだろうし、

きっと、僕の夜明け前はこれからです。


とかなんとか、久し振りに

芝居のことばっか考えてて、気晴らしに、

ぼんやりテレビを見てて感じたんですけど、


バラエティが好きだ。やっぱり。


先日、めちゃユルというネット配信番組をたまたま見た。

めちゃイケのネット版。

「極楽とんぼの山本さんが写真パネルでノーモザイクで出た!」というのをTwitterで見たからなんだけど。


内容としては、

濱口さんが、生放送寸前の楽屋の様子を配信。


そして、そのまま、生放送へ。こちらはテレビ。

ネットからテレビへ。

その間、ネットでは、爆烈お父さんのセットの裏にカメラを置き、生放送をそのまま生配信。



▼まさに、テレビの裏側が見れる。


本番前のリハとかそういうのが丸見え。テレビの裏側。


生放送では、エスパー伊東への「やらせ」というテレビ番組の裏側を使ったドッキリをし、

そのネタバラシを再び、ネット番組のめちゃユルで、かなり壮大にやる。

テレビ放送だけだと、ものすごいモヤモヤだったけど、ネットに戻り、スカッとする。


さらに、生放送内ではやらなかった、爆烈お父さんをやり、

BPOも関係なく、暴れまくり。


モー娘。の未成年メンバーが22時までに返せるかというハラハラ感。

昔、テレビにあった、あのドキドキ感。


ああいうのが、あって。

綺麗であることが正義となっているテレビへの、ある種のアンチテーゼ。


ネットとテレビのリンク、

今のテレビの楽しみ方があった。



いいとも最終回で感じた

これからのテレビの楽しみ方。

演出と全てがわかった上で、楽しむバラエティ。


この流れはテレビにとって、きっとプラスになるだろうなー。



こないだ行った居酒屋で並々注がれたウーロンハイの写真でお別れです。







またね。


本日はリハーサル。

そして、明日、本番です。



『キンチョーム』

元々、この台本の種は、

中学からの親友と、コントをやろうとしたときに書いた台本でした。

たしか、浪人時代に書いたコント台本。


2011年に短編芝居用に書き換えて、

それから、今まで、

色んなバージョンのキンチョームを

色んな場所で、

色んな人がやってきました。


でも、それはコントの範囲で。


そんな中、初めて、ちょっとだけお芝居になった気がしました。


コントがお芝居になった瞬間です。



同世代の赤谷と塚本と五十川と。


「短編演劇」にしました。



人生でこんなに息巻いてるのははじめてかも知れないです。




なんか今年はすごくいい機会が多くて。



ウェイビジョンに、石鉢とくどうが所属したり。

霊6が笑RAPSで優勝したり、

札幌オーギリングを始めたり、

テレビ制作のお仕事とか、道新載ったりとか

あとは、10月に控えることとか・・・




そのひとつに、この「短編演劇祭」がなればいいなと思っています。

この短編演劇祭が終わったら、今年は芝居らしい芝居をやる機会はないかも知れないのです。



毎年やっていた長編公演は今年はお休みです。

来年はたぶんやります。


いや、やるためにも、明日からの教文短編演劇祭に来ていただきたいのです。





というわけで、告知!




 


キンチョーム

-I Wanna Be Your Boyfriend-

脚本・演出:上田龍成


夏目漱石はI LOVE YOUを「月が綺麗ですね」と訳し、

二葉亭四迷は愛の告白に対する女性の返答を「死んでもいいわ」と訳したとい。

とあるBAR。男は後輩に愛の告白をしようとしていた。

しかし、極度の緊張で上手く告白することが出来ない。

そこで使うのは、通販で買った「キンチョーム」というクスリ。

これを使えば、緊張が解けて、愛の告白はすんなり成功するはずだったのだが・・・

そこには、最悪の「罠」が待っていた。



出演:

赤谷翔次郎(パインソー)

塚本奈緒美

五十川由華(おかめの三角フラスコ)



日時:8月16日(土)~17日(日)

8月16日(土)


■予選Aブロック 14:00開演

・星くずロンリネス★

・劇団パーソンズ

・劇団欠陥工事

・わんわんズ


■予選Bブロック 18:00開演

・オトコカオル

・劇団アトリエ

・words of hearts

・虫の息



8月17日(日)


決勝 14:00開演

・yhs(短編演劇祭2013覇者)

・刈馬演劇設計社

・予選Aブロック勝者(星くずの予定!)

・予選Bブロック勝者



<場所>

教育文化会館小ホール(札幌市中央区北1条西13丁目)



<料金>

予選 1,000円(前売/当日)

決勝 1,600円(前売/当日)



<チケット取り扱い>

http://wavision.net/info/140816hoshikuzu


ウェブからの予約で特典DVDプレゼント!一応、本日まで!!!

出演メンバーにまつわる、あれやこれやが収録されてます!


もしくは、このブログのコメントや、ツイッターやフェイスブックのDMや、直メール、直電・・・なんでも良いです。上田に連絡ください!




決勝に残ったら、このブログに書きます。

17日しか来れないかもって人は、要チェックしといてください!









プロフィール
HN:
上田龍成
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/01/31
職業:
映像作家/脚本家/タレント/面白いことを企画する人/素人VJ
趣味:
プロレス・格闘技観戦/数独/なぞかけ・大喜利
自己紹介:
札幌発の映像・デザイン制作、タレント活動、イベント企画運営などを行う集団「wavision」代表。

2007年頃より、放送作家になりたいと思いながら、映像制作を始め、音楽やお笑いのライブや演劇などの映像を作る
。wavisionにある動画コンテンツのほぼすべての企画・編集を行う。



シアターユニット星くずロンリネスの代表も務め、脚本の執筆もする。他、VJをしたり、デザインをしたり、イベントでMCをしたり、ピン芸を見せたりしている。わりとなんでもやる。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
FACEBOOK
Ryusei Ueda

バナーを作成

Twitter




ブログ内検索
最新コメント
[02/25 石田正浩]
[08/17 イシダー]
[08/06 kurelodarev98]
[02/06 真砂]
[01/31 MoaT]




バーコード
訪問者数
忍者ブログ [PR]